インタビューと傾聴

yukikomurai

担当しているラジオ番組で

『傾聴スペシャリスト』

の方にインタビューをしたことがある。

 

ひるもり公開ページラヂオもりおか

fullsizerender

 

 

『傾聴』とは?

自分が聞きたい事を聞くのではなく

相手が話したいこと伝えたい事を

受容的・共感的な態度で

「聴く」行為や技法のこと。

 

相手のハートに耳を傾けて

話を聴く、引き出す。

 

インタビューと似てるな〜

と思いながらお話を伺ったのを覚えている。

 

でも、似ているけど違う。

 

「インタビュー」と「傾聴」の大きな違いは

「公開」か「非公開」か。

 

インタビューの場合は

誰かに聞いてもらうための会話でなければならない。

 

心の奥底ではどんなことを思っているのか

それを引き出して

他の誰かへ届ける。

 

常にリスナーの存在を忘れることなく

話を進める。

 

でもリスナー意識しすぎると

本当の心の奥底までは引き出せないかもしれない。

 

でもでも、リスナーを意識しないと

ただのプライベートなトークになりかねない。

 

絶妙なバランスが・・・む・難しい・・・。

 

で、どうするかというと

やっぱり基本に立ち返る。

 

そう。

結局は「傾聴」なんだなと感じる。

 

傾聴には

「Q&Aシート」が無い。

 

番組を進めていく上でQ&Aシートや原稿が

必要なことはたくさんあるけれど

 

ハートで会話する時って

原稿はいらないもんね。

 

 

ハートから発する言葉だから

エネルギーを持ってハートに届くんだ

 

 

「その人の魂の輝きを見つめながら話を聴く」

相手のハートのあたりが

ほわっと光っているのを想像しながら

話を聴く、引き出すという感じかな。

 

きっと素敵なトークの時間になる。

一度試して見て♪

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です